『バンデフレキシン』 工法は極めて低粘度のアクリル系二成分合成樹脂をコンクリートの漏水部分に注入機を使用して高圧で注入する工法です。この工法はコンクリートの漏水部に約45度の角度で孔をあけ、特殊ノズルを用い、親水性の注入剤を常に規定量だけ圧入できる注入機で、隙間全体に充填させることができます。
充填された注入剤は高弾性樹脂となり、最高水準の止水効果を発揮します。



1.  注入剤・注入機および工法が一体となったシステム工法です 
2.  低粘度の薬液を高圧で注入しますので、微細間隙にも注入されます。 
3.  隣接の削孔や表面からの薬液の流出を確認しながら、躯体内に確実に注入します。 
4.  硬化時間は最短10秒と超高速で、4分程度まで現場で自由に調節可能です。 
5.  薬液の硬化物は、伸縮性のある親水性アクリル系弾性樹脂です。 
6.  硬化時に発泡しないので、体積収縮が起こらず、湿潤時は体積膨張します。 
7.  微小漏水~大量漏水の多様な漏水に対応可能であり、抜群の耐久性があります。 
8.  薬液及び洗浄剤は全て水系材料を使用し、環境に対して非常に安全な工法です。 


  • バンデフレキシン工法は合成樹脂をコンクリートの欠陥部に直接注入する工法です。また、注入圧力と重合硬化時間も調節できます。
  • バンデフレキシンは個々の施工に応じて、0.5~245kg/c㎡で注入することができ、水圧のかかっている間、施設を休止する必要は通常はありません(プール、浄化槽、地下駐車場等)。
  • 直径14~20㎜の注入孔は電動ドリルで孔をあけます。特別に開発した特殊ノズルで薬液を注入し、完了したらノズルを取り除き、注入孔は急結セメント(バンデックスQ-80)で充填します。
  • -10℃~+40℃までの気象条件でも施工できる優れた特長があります。また、コンクリート構造物中に残存する湿気は重合硬化中にすべて吸収されるので、水分に対する抵抗性があります。
  • 長年にわたり開発された注入機は、どのような気象条件や現場条件(例えば湿気、寒気、ほこり等)でも、特殊計器と混合装置によって安定した均質な工事施工が可能です。
  • 自動的に閉じる装置の特殊ノズル、高速ギアボックス、圧縮空気クリーナー等、数々の優れた機構を装備していますので、清潔で能率のよい補修作業が実現できます。



地下構造物を含めて漏水補修および
事前漏水防止できる用途
止水および漏水防止箇所
トンネル 橋梁 ダム 地下鉄道トンネル
地下コンクリート構造物 貯水槽 浄化槽施設
下水処理施設 プール 浄水場

◆収縮クラック ◆伸縮クラック ◆可動ジョイント
◆構造打ち継ぎ ◆コンクリート埋め込みパイプ廻り
◆プレスキャストコンクリート間のジョイント(トンネル、地下道等)
◆ジャンカ ◆木コン ◆Pコン