食品工場・倉庫など、生産現場の床は大きな負荷がかかる環境にあります。従来の床材は、剥がれやすい・熱に弱い・臭気がきついなどの問題がありました。
水系硬質ウレタン樹脂のピュアクリートは、無臭・耐熱性・耐薬品性・耐衝撃性など、従来の塗床材に比べ非常に優れた特長を持っており、HACCPにも対応しています。また、施工後のメンテナンスも容易になり、長期間の耐用が期待できます。



 1960~
 エポキシ樹脂/ウレタン樹脂
  • 施工時に臭気がある
  • 熱に弱い(50℃で劣化)
  • 下地水分に弱い
  • 硬化までに時間がかかる

 1970~
 MMA樹脂
  • 施工時に強い臭気がある
  • 熱に弱い(60℃で劣化)
  • 下地水分に弱い
  • 硬化が早い

 2000~
 水系硬質ウレタン樹脂
  • 臭気がない
  • 高熱に耐える(120℃)
  • 下地水分をあまり気にしない
  • 硬化が早い